AGAの治療には種類がある?早めの治療が重要

AGAの治療には種類がある?早めの治療が重要

男性の薄毛の原因の大半が、AGAです。

 

主な原因は遺伝や加齢で、防ぐことは難しいです。
生活習慣の改善で抜け毛を減らすことはできますが、根本的な解決には治療が必要になってきます。
では、AGAの治療には、どのような種類があるのでしょうか。

 

薄毛の進行度によって適した治療も違うので、自分にあったものを選びましょう。
自分でできるAGA治療には、育毛剤や育毛シャンプーを使う方法があります。
頭皮の状態を良くすることで、髪の生えやすい状態を作ることができます。
ただ、効果がでるまでに時間もかかりますし、深刻なAGAにはあまり効きません。

 

薄毛の状態が進んでいる方には、クリニックでの治療をお勧めします。
クリニックで行うAGA治療で代表的な治療は、投薬によるものです。

 

男性ホルモンや頭皮の状態を良くする薬を飲むことで、薄毛の改善を行います。
治療薬にも様々なものがあるので、最適なものを飲む必要があります。
さらに効果が必要な人には、頭皮に注射を行います。

 

必要な成分を頭皮に直接注射することで、投薬よりも大きな効果を発揮します。
HARG療法という治療法もあり、こちらは細胞成長因子を注射することになります。
頭皮を以前の状態に戻してくれるので、髪が生えやすくなる効果があります。
AGA治療の最終手段と言えるのが、植毛です。
植毛には、自毛植毛と人工植毛の2種類があります。
自毛植毛とは自分の髪を、他の場所に移植する方法です。

 

一度植えれば、髪を元の状態に戻すことも可能です。
ただし、移植する元の髪が少ない場合は、自毛植毛は行えません。
人工植毛なら、移植する髪がなくても、植えることは可能です。

 

ですが、人工植毛は一定期間で抜けるので、再度植えなおす必要があります。
感染症といったリスクもあるので、よく考えてから治療を行いましょう。
また、植毛はお金が非常にかかります。

 

植える本数によってかかる料金が違うので、カウンセリングを受けて、確認しましょう。
AGAは、時間が立つにつれどんどん進行していきます。
なるべく早めに治療を、おこなってください。