薄毛を克服したい。髪の毛を以前のようなフサフサの量に戻したい。

薄毛を克服したい。髪の毛を以前のようなフサフサの量に戻したい。

僕は二十歳の頃自分は絶対にはげると思っていました。一時期抜け毛が増えたこともあり、これはもう駄目だと判断しました。そうなると、もう髪を自然な状態にして、櫛も使用せず風呂上がりもタオルで拭くだけにしました。暫くツバキ油なんかを付けましたけど、一年ぐらいで止めました。二年ぐらいでお酒を飲まなくなり、夜はもう早く寝ました。その頃何が原因かは分りませんが、あまり毛が抜けなくなりました。

 

でも何だか先のことは読めないので、やっぱり二十五歳になればつるつるになるんじゃないかと不安でした。それで周りの知人や友人にはもう禿げると公言していました。実際には二十五歳では、ちょっと頭が小さくなったかなと思える程度で済みました。でも何となく徐々に薄くなってるんじゃないかと、まだ心配しました。そして三十歳が過ぎました。それで散髪の後なんかに鏡を見ると、大分髪の厚みが減っています。まだあるにはあるのですが、ん? と言う程度になりました。

 

女性にはもうすぐ禿げる人みたいに、言われだした時期もありました。それは僕の聞き間違いだったかもしれません。今思えば何も禿が目立つ前から自分から言い出すこともなかったかな、と失敗しました。でも何故か、つるつるの禿までは行きませんでした。三十代後半になってまだ詰まってると、僕の耳がちゃんと聞きとれるか分かりませんが、五十センチの距離で女性に言われたことがあります。一応そうなんですが、このまま行けば何時禿げるのかは分りません。でも十七年ぐらいたって、まだ大丈夫なのでこのままいけるかなと最近になって考え直しましたが、それは実は逆で今までがもっと前向きに生きていけた時期だったのかな、と何か損したなとがっかりします。

 

でも大分頭皮を休ませたので髪に関してもう何もせず、無理をしないようにします。ただ、そこまで髪に拘る人も珍しいですが、一体自分は何をやってるのかと意気消沈するときもあります。もっと何か生き方を楽しんでいれば良かった気がしますが、よく覚えていません。

 

薄毛を克服するには、いろんな方法があります。

 

薄毛になることは、とても苦痛です。今まであった髪の毛がだんだんと無くなってきます。

 

薄毛の人は、基本的に女性に敬遠されます。生理的に受け付けないという意見が多いようです。薄毛の方本人には何も責任はないのに、理不尽な理由で人間そのものを否定された気分になり、考え方も後ろ向きになっていきます。薄毛を克服したい。髪の毛を以前のようなフサフサの量に戻したい。

 

ほとんどの人が、どう考えるでしょう。ではどうすれば薄毛は克服できるのでしょうか?一つは、頭皮をきれいにすることです。頭皮が汚れていると、毛穴がふさがれ、髪の毛が生えにくい環境になります。特別なことをする必要はありません。シャンプーで頭皮を清潔にし、きちんと乾かすこと。

 

これだけです。髪を塗れたまま放置しておくと、雑菌が繁殖し、頭皮環境が乱れる原因になります。面倒かもしれませんが、しっかりと髪を乾かすことを心がけて下さい。それから生活環境の見直しもしてみて下さい。脂っこいものばかり食べたり、外食ばかりしていませんか?

 

外食ばかりだと、栄養バランスがどうしても偏ってきます。毎日とは言いませんが、1週間に3〜4日くらいは栄養バランスを意識してみて下さい。薄毛改善に効果があるものはミネラルが多く含まれる海藻類、植物性たんぱく質の多い大豆食品。豆腐や納豆がいいでしょう。

 

また腸内環境を整え、栄養を頭皮に届けるためにもヨーグルトなどの乳製品もしっかり摂って下さい。要するに栄養素を満遍なく摂取することが大事です。一日で全てを取ることは難しいので、サプリメントを使うこともおすすめです。そして睡眠不足も薄毛を進行させます。

 

人は睡眠中に体のダメージを回復させます。頭皮も例外ではありません。しっかりと睡眠をとって下さい。またAGAが疑われる人は育毛剤を使うことも考えて下さい。市販の育毛剤ももちろん効果はありますが、もし可能であるなら、AGA専門クリニックの無料相談も活用して下さい。

 

たくさんの症例があるので、自分がどのタイプの薄毛に該当するのか、薄毛の原因は何なのかを的確にアドバイスしてくれます。AGAの場合は、専門クリニックで処方される薬は効果が大きいです。費用とも相談し、あなたに合った薄毛対策をして頂ければと思います。